ウォーキング

女性はむくみで悩む人多いと思います。
体がむくむと脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

どうにか解消したものなのですが、手立てが見つからないですね。

ウォーキングは消費カロリーそのものは多くないですが、正しい足の動き方や姿勢を意識することで、血液やリンパの流れを整えてむくみ防止となり、脂肪の蓄積を防ぎます。

歩くときのつま先の向き、内股や外股になっていませんか。
歩くときにつま先が真っ直ぐ向いていないと、正しい足の運びができず、脚が歪んだり、膝を痛めてしまう場合があります。

歩いている時の着地ですが、必ずかかとで着地しましょう。
そうすることで、体重移動がスムーズになり、ふくらはぎの動きも正しく行われ、むくみ対策になります。

まずは、足の運びに気を付けて、正しくウォーキングしましょう。
実行するにあたっては、シューズも慎重に選びたいものです。
シューズがあっていなければ、足首や膝、そして腰にまで悪い影響が出てくるのではないでしょうか。

履きなれた靴でもいいのですが、新調することで気持ちも違うと思います。
ウォーキング用シューズが売られているので、店員さんとよく話し合って、最適なシューズを手に入れましょう。

販売している人に聞くことが近道です。
ここでインターネットなどのレビューを参考にして、シューズ選びを失敗すると、ずっと引き摺ってしまいますよ。

«
»