画家が食えるようになるには

画家や作家といった、いわゆる芸術方面の職業に従事している人の生活について、よく知らないのです。

ちょっとだけ興味があるのですが、どなたか知りませんか?

あくまでも推測で話しているので、間違いはあるとは思いますが、デビューして、いきなり売れることは無いでしょうから、下積み時代はどうやってご飯を食べているのかということなんですよね。

師匠について住み込みで働くのか、画廊でアルバイトなのか、それとも借金だらけの生活なのか。

そもそもデビューとは、どういうタイミングなのかすらも不明なんですよね。
自己申告でプロの画家であると言えば、それで開業なんでしょうかね。
もちろん税務署には開業届を出しているとは思いますが、屋号などは自分の名前なのでしょうか。

芸術家として成功するにはどうしたら良いか、なんてかなり難しい問題だと思いますが、個人的には宝くじの当選確率よりは高いとは思います。

宝くじを引き合いに出すのは、芸術家の卵たちには失礼になるかも知れませんが、食べていけないことにはプロでは無いわけで。
プロの評価は売上や顧客の数ではありませんが、指標のひとつでもあるはずです。
ずばり売れてなくては説得力が無いということですね。

実績は個人ブランドに大きく影響します。
知る人ぞ知る存在でも、業界では名が通っているからこそであり、やはり売れてナンボですね。

安全な精肉
食肉卸業者の安全な精肉
品質と安全が第一の食肉卸業者が提供する焼肉素材で商売も繁盛
meat-kimura.co.jp/

«
»