イライラしない方法

相手とうまく付き合うには相手のペースに合わせることが大切です。
ただしそのさじ加減を間違えると、自分だけイライラを感じてしまったり良かれと思ってしたことが空周りしてしまったり。

注意して欲しいのは、ペースを合わせるとはどういうことなのかを間違えないこと。
自分のペースを全部崩して相手に合わせなさい、と言っているわけではありません。

大切なのは、相手のペースを理解してちょっとだけ優しくなること。
食べるのが自分より遅い人と食事をするなら、ちょっとゆっくり食べる。
逆に早い人となら、ちょっと早く食べるように頑張ってみる。

同じ早さに変えるのではなくて、同じじゃないけれどイライラしないペース配分を。
無理のない程度に。
やり過ぎはNGです。

でもこれって本当は相手のためではなく自分のためにすること。
こうすれば自分と早さの違う人にイライラしなくて済むのです。

相手とうまく付き合うには、自分がストレスを作らないように、相手のペースに合わせましょう。
と言われるのですが、相手のペースについていくのも、実はストレスの原因です。
一番良い方法はマイペースを貫くことです。

まわりに迷惑をかけなければ、自分の好きなように時間を使い、行動するべきです。
不必要に周りに同調しようとする、云わば強迫観念のようなものが自分を追い込んでしまう事もあるのでは。

自分の人生は、絶対に他人は保障してはくれませんので、譲れない部分を持っていてもおかしくはありません。
ただ、組織では浮いてしまうでしょうけどね。

知ってますか?豚肉の部位
精肉は安全と味と品質で勝負の食肉卸
肉の安全性と徹底した品質管理で飲食店の支持を得ている精肉専門・加工業者
meat-kimura.co.jp/

«