中国画

神秘的な『モナリザの微笑』は世界中に有名な油絵です。
何百年以来にこの絵についての小説、映画といろいろの伝説は世界諸国の国民の間に非常に有名でした。

『モナリザの微笑』のようなものは全世界の宝物として、博物館に展覧されて、国に所有します。
中国にも有名な絵がたくさんあります。

しかし、欧米の油絵ではなくて、中国特徴を持つ中国画です。
中国画は油絵のような鮮やかな色づきではなく、大体色が明るいと暗いインクで描きす。
油絵の特徴は物事の形と合わせて、光の明るさと暗さを利用して、本物のような絵を描きます。

中国画はそれと逆にして、内実がよく似るのを求めます。
直接毛筆で高級紙の上で鳥や山などのような動物、風景、人物を描きます。
中国画を見る時、目で見るのではなく、心で見るべきです。

世界各国の特徴ある絵画を鑑賞することは、とても有意義な事ではないでしょうか。
確かに、絵を見ても何も感動すらしないという人もいますが、ひょんな時に感じるものがあるはずです。

心が荒んでいなければ、絵を見ていろんな感情が沸き起こってくることは、人として当然の感覚なのではないでしょうか。
技術的なことがわからなくても、好き嫌いで判断しても十分だと思いますね。
美術館に展示されている絵画の数々は、作者を知らなくても、素直な目で見ると、やはり素晴らしさがわかってくるものです。

«
»